法律相談

法律相談

こんなお悩みはありませんか?
トラブル発生後に弁護士に相談しようとしたが、予約調整煩雑
自社事業を理解してくれている弁護士がいないため、相談準備に時間がかかる
平日の日中はなかなか時間が取れないため、夜間や休日に相談したい
紹介なしで相談や依頼を受けてもらえるのか不安
法律の問題になるのか、弁護士に相談するようなことなのかわからない

当事務所の特徴

弁護士は裁判等で外出していることが多いため、弁護士への法律相談には事前予約が必要なケースが一般的です。連絡手段も電話やメールに限られることが多く、緊急時に迅速な法律相談が出来ない場合もあります。また、相談内容によっては、法律の問題になるのか、弁護士への相談が適しているのかどうかがわからないこともあるかと思います。

そうしたお悩みにお応えし、TSL(東京スタートアップ法律事務所)の法律顧問契約は、ChatworkやSlackなどのチャットツール、SkypeやZOOMなどのWeb会議を利用した法律相談に対応しています。対面による相談ももちろん可能です。些細と思われることでも構いません。どんなことでもお気軽にご相談いただけます。

経営層や法務担当の方だけでなく、営業や開発担当者の方からのご相談も受け付けています。顧問先企業は、複数人を招待したグループチャットを利用しますので、移動や事前調整等の時間を削減でき、スピーディーな対応につながります。

また、直面している問題が法務に関する相談なのかどうか判断つきかねるケースもあろうかと思います。TSLの弁護士は法律のプロフェッショナルではあるものの法律オタクではありません。ビジネス理解に関する研鑽も積んでおります。問題の切り分けを行い、法務に関する内容については我々で対処します。そうでない場合は、その他の士業等専門家をご紹介することも可能です。お気軽にご相談ください。

TSLは、単なる法的アドバイザーを超えて、起業家と共に考え、
一緒に事業を育てていく、起業家にとって頼れるパートナーでありたいと考えています。
法律相談はもちろん、企業活動のあらゆるご相談は、TSLまでお気軽にご相談ください。

CONTACT

TSLのサポート体制

TSLでは、当日や夜間(〜21:00)、土日祝のご相談も受けつけています。「平日は忙しくて時間が作れない…」「少しでも早く相談したい…」という場合にも、チャットやメール、お電話からお気軽にお問い合わせください。チャットワーク上にメッセージを投げていただければ、より迅速な対応が可能です。

普通の顧問弁護士であれば「法律に引っかかるから止めたほうがいい」と判断するようなことも、「この方法はできないけれど、少し工夫すれば近いことができる」とご提案できれば、ビジネスチャンスを逃すことはありません。リスクを取りすぎず、でも諦めない、TSLは事業の成長のアクセルを踏めるように、全力でサポートいたします。

主な取扱案件

知的財産権(特許権・意匠権・著作権など)/訴訟・紛争解決

関連する記事

当法人が本サイトとは別で運営している法律お役立ちメディアです。
日頃の疑問・お悩み解決の間口が少しでも広がればと、日々情報更新しております。