弁護士・スタッフの紹介

弁護士のご紹介

長山 萌

弁護士 長山 萌 Nagayama Moe

プロフィール
早稲田大学大学院法学研究科 修了
明治大学法科大学院 修了
明治大学法科大学院 教育補助講師
司法試験合格
弁護士登録
東京スタートアップ法律事務所入所
使用言語
日本語、中国語(バイリンガル)
得意分野
婚姻関係、破産関係
一般民事、刑事事件
起業関係
中国法関係
好きなこと
旅行、スポーツ観戦

弁護士としての姿勢

長山 萌

はじめまして。東京スタートアップ法律事務所の長山萌と申します。 私が法曹の仕事に興味を抱いたのは、人の役に立つ仕事がしたいと考えたことがきっかけでした。 弁護士になった今、依頼者の話に耳を傾け、その言い分を代弁し、その権利を実現できるよう、日々まい進しています。また、どんな小さいことでも、依頼者が気兼ねなく、聞けるようなアットホームな弁護士でありたいです。

そして、弁護士という仕事は、法的な知識だけでなく、様々な分野の知識や思考方法を身に着けることが不可欠だと感じています。今後は、一定の分野に偏ることなく、幅広く様々な分野の知識を習得できるように、がんばっていきたいと思います。

さらに、幼少期の多くを中国で過ごした経験と得意の中国語を生かして、今後、関係がさらに深まるであろう日中間における個人・企業の法的支援をしてきたいと思っております。

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所
弁護士 長山 萌

 

我之所以想从事司法方面的工作是因为这项工作是可以帮助人的一项工作。现在的我是一名律师,当我受委托后,我会很细致的倾听委托人的诉说,哪怕是一点点的小事情也不会错过,我一直希望可以成为一名被你们信赖的、为你们维护合法权益的律师。

在工作的同时,我发现律师这个职业仅仅熟知法律知识是远远不够的,想成为一名称职的律师,必须要了解很多领域的常识和思考方法才行。我深知自己目前的知识量的不足,我希望自己可以吸收很多方面的知识来丰富自己的专业能力。

我小的时候在中国生活过一段时期,通过这个经验,今后我希望自己可以在法律这方面为中日之间的桥梁贡献一点微薄之力。