平日8:00~21:00(土日祝も営業)
03-5213-4205

ブログ

2018/11/21

ブログ更新しました⑤

TSL VALUE

 

 

忙しさにかまけてブログの更新がおろそかになってしまっていました。

こういう「緊急性が低いけど重要なもの」ほど大事にしなけれないけませんね。

 

ということで、今回は当事務所の行動指針について書いてみました。

 

「TSL VALUE」なるもので、主に中にいるメンバーに向けてその行動基準を示したものです。

 

ちなみに「TSL」というのは当事務所の略称です(この言葉を浸透させたい・・・・!!)。

 

 

「TSL VALUE」は、以下の8項目から成り立っています。

 

 

TSL VALUE(行動指針)

 

1 Client Success(クライアントサクセス)

 

2 For Friends(フォーフレンズ)

 

3 Ownership(オーナーシップ)

 

4 Growth(グロース)

 

5 Speed(スピード)

 

6 Details(ディテール)

 

7 Communication(コミュニケーション)

 

8 Unless We Know Better(アンレスウィノウベター)

 

 

それぞれ説明していきましょう!

 

 

1 Client Success(クライアントサクセス)

TSLにはクライアントがいて、そのクライアントが支払ってくれる報酬によって事務所経営が成り立っています。

なぜクライアントが報酬を支払ってくれるかというと、彼らがTSLによって成功するからです。

すなわち、クライアントを成功させるためにTSLが存在しているのであり、そのことをメンバーには忘れてほしくないのです。

我々は、クライアントを成功させることこそがTSLの至上命題であり存在意義であると考えています。

したがって、TSLはその価値の中心に「クライアントサクセス」を掲げます。

 

 

2 For Friends(フォーフレンズ)

個人にできることは限られています。

クライアントサクセスを実現することは、時として自分一人の力では難しいです。

TSLには、多様なメンバーが集まってクライアントサクセスを実現しようと頑張っています。

そこでメンバーに言いたいのは、「仲間が困っていたら助けてあげようね」ということです。

役割分担はもちろんありますが、チームで仕事をする以上、足りないところを補い合って仕事をするのは当然です。

「誰かがなんとかしてくれるだろう」という甘えは禁物ですが、「仲間が困っていたら助けてあげよう」という心づもりは全員に持ってほしいと思っています。

 

 

3 Ownership(オーナーシップ)

TSLでは、メンバーの一人一人にオーナーシップを求めています。

これは「当事者意識」と言い換えることもできます。

全ての業務を人から与えられる「他人ごと」と捉えるのではなく、自分が責任を持って対処しなければならない「自分ごと」として捉えてほしいのです。

「なぜその仕事が存在するのか」、「なぜ自分がそれをしなければならないのか」、「もっと良い方法があるのではないか」ということをメンバーの一人一人が考えてほしいのです。

 

 

4 Growth(グロース)

TSLは、成長することをとても大切なことだと考えています。

努力し成長した結果、視座が高くなり見える景色が変わります。

目先の損得でなく、それが自身の成長に繋がるかどうかという、長期的な目線を持って物事に取り組んでほしいのです。

目の前にある課題は、それに真摯に取り組むことによって次のステージへと自分を連れて行ってくれるチャンスだと考えてほしいのです。

 

 

5 Speed(スピード)

クライアントにとっても、メンバーにとっても人生は有限です。

スピードとは思いやりであり、誠実さの証明と考えています。

今日できることは今日やる。

 

 

6 Details(ディテール)

神は細部に宿ります。

成功は細かいこと、目の前の小さなことの積み重ねです。細かい点を大切にしないと成功できません。

電話に出る時の一言、メールの一文字、デザインのほんのわずかな配置など、TSLは細部にこだわります。

 

 

7 Communication(コミュニケーション)

TSLは、職場を楽しい場所にしたいと思っています。

楽しい場所とは、メンバーの一人一人が仲良く助け合って、やりがいを持って働ける場所です。

そのために必要なことは、メンバー同士のコミュニケーションです。

仕事をしていると、時として難しい局面に遭遇します。そんな時、その人が問題を抱えて誰にも相談できないみたいな環境にはしたくないのです。

 

 

8 Unless We Know Better(アンレスウィノウベター)

仕事のやり方や行動指針は、現時点での最適解にすぎません。

より良い方法がある場合は、当然その方法を選択すべきです。

 

 

以上にデザインを入れてみました。

 

ドンッッ

 

やはりデザインの力は偉大ですね。

 

 

TSLでは、一緒に働く仲間を絶賛募集中です。

 

「TSL VALUE」に共感する人に来てしいし、来てくれた人には楽しみながら成長していってほしいなー、と思っています。

 

気になった方は、当事務所問合せフォームからぜひご連絡ください。

職種は問いません。

 

お問合せはこちらから → https://tokyo-startup-law.com/about/#contact

 

 

東京スタートアップ法律事務所

代表弁護士 中川浩秀

Contact

お問い合わせ

企業活動におけるあらゆるご相談は
東京スタートアップ法律事務所
お気軽にご相談ください。

東京都千代田区平河町2−12−2
藤森ビル4階

TEL 03−5213−4205

Copyright © Startup Law All Rights Reserved.